東京都と隣接する名栗村(現在は飯能市)。都会に近いほどほどの田舎に住む家具職人が見て、感じた生活、仕事ぶりを伝えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やまね食堂 開店


開店初日のやまね食堂。カウンター内に松原さん(白いシャツ)とその後ろに森沢さん=21日、飯能市上名栗

 森沢さんや松原さんが、準備してきた地域カフェ“やまね食堂”がいよいよオープンしました。

 初日(21日)のお昼過ぎ、娘(12)とともにさっそくお邪魔してきました。結構たくさんの人たちでにぎわっており、うどんセットなどを楽しんでいる人たちが多かった。

 僕と娘はそれぞれアイスコーヒーを注文し、シフォンケーキを分け合って食べた。コーヒーは、松原さんのこだわりの抽出でコクがあっておいしかったな。ケーキもふわふわで甘すぎず満足な味わいでした。

 やまね食堂は、利潤追求の商売ではなく、名栗地域の小さなコミュニティを基盤にした活動の拠点を目指して建設されました。
 空き家になっていた古民家(一部改修済み)をみつけ、カフェ建設をはじめるといろんな人たちが自分のできること(時間、モノ)を持ち寄って手助けしてくれたそうです。
 松原さんは「人が来る度に少しづつ、やまね食堂が形を変えていき、関わる僕たちの気持ちが変わっていく。空き家だった民家がカフェの形を現してくると、訪れる人も作業する僕たちもワクワクしてくる」と、開店までの準備期間も地域の人たちと作り上げるプロセスを楽しんだようです。

 地域の人たちと作り上げてきたこのやまね食堂。もちろん常連さんだけの閉鎖的な店ではなく、自分の住んでいる地域を大事にし、よくしていこうと思っている人たちとの交流の場になっていくに違いないと思う。松原さん自身が「ちいさな子どもからお年寄りまでが交流し、街の人も交流するという希望」を抱いていています。

 地域をよくしていこうという輪がいろんなところにでき、その輪が、時には重なって大きな輪になり、時には鎖のように強いつながりができ、大きな社会がよりよくなればすばらしいですね。


DSC02317.jpg
手作りで改修した店内。みんなが自分でできること、モノを持ち寄った。

 DSC02318.jpg

 現在のメニュー。これからは活動の幅を広げ、エコストーブを組み込んだ石窯で、この場所で育てた天然酵母のパンを焼いたり、食堂横の畑で野菜を作っていきたいとカフェを運営する人たちは意気込んでいます。

 やまね食堂 飯能市上名栗520
 ホームページ http://yamanesyokudo.jimdo.com/
スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

木工房 春のはな          代表 西尾 正哉 http:/harunohana.net/index

Author:木工房 春のはな          代表 西尾 正哉 http:/harunohana.net/index
埼玉県飯能市の名栗地域で家具職人をしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。