東京都と隣接する名栗村(現在は飯能市)。都会に近いほどほどの田舎に住む家具職人が見て、感じた生活、仕事ぶりを伝えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消しゴムはんこ ワークショップ




 10月のとある日曜日、「名栗ふるさと祭り」に、我が家の子どもたちとカミサンが消しゴムはんこのワークショップを出店しました。今回は、すでに彫ってある消しゴムはんこをつかって、用意した布にペタペタ押してもらってハンカチや手ぬぐいをつくるというもの。

 たくさんの親子に参加してもらってとても楽しかったです。うちの子どもたち(小5と小3)が彫ったものなので、そんなに上手ではないけれども、はんこにして無地の布に押していくととても印象的な図柄になります。きれいでオリジナルなハンカチやら手ぬぐいに簡単になるのでおもしろいです。

DSC00995.jpg


DSC00981.jpg


 この時のワークショップに来てくれたウクレレ喫茶のヤナギさんから、声がかかり、12月20日(土)の助産師さんの講演会の歳にまた、ワークショップを行うことになりました。

 ウクレレ喫茶のヤナギさんというのは、飯能市赤沢にあり、喫茶店内でウクレレを弾いたり、コンサートを開いたりしている喫茶店です。数年前に若いご夫婦が、引っ越して来られて開店したのですが、もう地元にすっかり馴染んで、名栗からも常連さんがたくさんいます。

 うちのこどもたちもウクレレをヤナギさんに教えてもらって、昨年の従姉妹の結婚式でその腕前を披露したくらいです。今年7月に娘さんをご出産されました。そのときに取り上げられた助産師さんの椎野まりこさんが、「生き物であることを思い出す」と題してお話をされるそうです。消しゴムはんこのワークショップは、そのときに子どもたちのお相手をするために出店するものです。

 椎野さんは、東京都立川市で「まんまる助産院」を開業しておられ、「野生で産み、育てる。自分の感覚を信頼する」ことをモットーにしているそうです。

 ところで、お産といえば我が家の子どもたち(長男、次男)も、助産師さんに自宅で取り上げてもらいました。カミサンがいうには、自宅の方がリラックスしてよいということで、家族みんなが見守るなかの出産でした。

 そういうわけで、うちの子は赤ちゃんがどこから生まれてくるかよく知っています。

2010_0430aoba0172.jpg

 <出産中の母親を励ますこどもたち=2010年4月13日>
スポンサーサイト
コメント:
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/05/15(金) 01:21 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

木工房 春のはな          代表 西尾 正哉 http:/harunohana.net/index

Author:木工房 春のはな          代表 西尾 正哉 http:/harunohana.net/index
埼玉県飯能市の名栗地域で家具職人をしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。