東京都と隣接する名栗村(現在は飯能市)。都会に近いほどほどの田舎に住む家具職人が見て、感じた生活、仕事ぶりを伝えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下名栗諏訪神社 獅子舞


 <手前のササラスリが娘。奥の階段最上段で笛を吹く白髪の短髪が私です=8月24日、飯能市下名栗>

 下名栗諏訪神社の獅子舞の奉納が8月25日に行われました。

 娘はササラスリで私は囃方(はやしかた=笛)で参加させていただきました。親子ともども、200年近くの歴史のある獅子舞に演者の末席に加わらせていただいたことは大きな喜びです。

 お祭りはやっぱり、観るだけよりも加わるほうが面白い。私の笛の出来は大したことはないですが、いろいろ大変なことがあっても汗を流すほうが充実感というか達成感がありますね。

 このお祭りは、神社の氏子が集まって奉納(獅子舞の継承・指導は、獅子舞保存会)するのですが、各世代がそれぞれの役割を果たすなど、地域がいまもお祭りでまとまって機能していることがはじめて分かりました。

 小学生や中学生の女の子はササラスリ、男の子は6年生から笛を吹きはじめ、高校生くらいになると頼もしくなり、部隊の中心メンバーです。 大学生になれば、男は獅子舞を演じるようになるし、若い女性も笛でリーダー的な役割を果たすようになります。

 年配の方々は役員として、祭り全体の運営や食事や準備、後片付けなど裏方的な仕事を引き受けてくださっているようです。子ども達の母親は、こどもたちの着付けやいろんな世話を焼きます。

 就職して名栗地域を出ても、10数年の時を経て獅子舞に戻ってくる人もいます。獅子舞は、下名栗地域に住む人なら全員参加可能です。回覧板で「笛に参加しませんか?」との呼びかけもあります。


 奇しくも朝日新聞埼玉版(8月25日付)には、新座市の指定無形文化財「中野獅子舞」が後継者育成に専念するために当面休止するとの記事が出ていましたが、名栗地域ももちろん少子・高齢化が進んでおり、こうした伝統芸能を継承していく環境は厳しい。
 けれど、熱意のある保存会会員が多く、山村地域での住民のつながりは強いのでずっと継承していきたいですね。

DSC00860.jpg
<父と娘のツーショット。いつまでいっしょに写ってくれるのやら>
スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

木工房 春のはな          代表 西尾 正哉 http:/harunohana.net/index

Author:木工房 春のはな          代表 西尾 正哉 http:/harunohana.net/index
埼玉県飯能市の名栗地域で家具職人をしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。