東京都と隣接する名栗村(現在は飯能市)。都会に近いほどほどの田舎に住む家具職人が見て、感じた生活、仕事ぶりを伝えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獅子舞 笛



 名栗の獅子舞に笛で参加することにしました。

 下名栗諏訪神社の獅子舞は、埼玉県に200ほどあるもある三匹獅子舞の中でも数少ない無形民俗文化財に指定されている伝統ある獅子舞です。約200年前に東京都青梅市成木から伝授されたもの。現在でも保存会が頑張っていて、若い世代に伝えられています。

 娘(小学校4年生)も2年ほど前からササラッコとして参加しています。女の子は小学2年生からササラッコで、そして、男の子は小学6年生からは笛として参加できます。笛は、最近では小学6年生以上の男女も参加できるようになりました。

 
553.jpg

 <2011年の獅子舞 娘がササラを演じています>

 きっかけは、知り合いの方から「笛やってみない」と誘われたのですが、小学生の頃から楽器は苦手のほうなのでしり込みをしていましたが、子どもたちともいっしょにできるので挑戦してみることにしました。ちなみに、昭和天皇の崩御の日から歌舞音曲は自粛してきました(ウソッ)。

 5月26日には第1回の練習がありました。新参の小学6年生二人といっしょに手ほどきを受けました。この笛、篠笛というのですが、まず、音を出すのが一苦労。最初は吹いても音が出ません!!。そして、楽譜は、「ニイイタカヤマノボレ」のような暗号のようです(ナンノコッチャ)。

 6月、7月は月に1回。8月24,25日の本番前は、週に何日か練習を重ねます。とりあえず、次回の練習までには音が出るくらいまで自宅で稽古しなければなりません。
 カミさんもやりたいといっているので、そのうち、家族全員で参加ということになるかも。
スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/06/07 09:02)

青梅市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
プロフィール

木工房 春のはな          代表 西尾 正哉 http:/harunohana.net/index

Author:木工房 春のはな          代表 西尾 正哉 http:/harunohana.net/index
埼玉県飯能市の名栗地域で家具職人をしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。