東京都と隣接する名栗村(現在は飯能市)。都会に近いほどほどの田舎に住む家具職人が見て、感じた生活、仕事ぶりを伝えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下名栗 獅子舞



 夏休みが終わりましたね。消防団の操法埼玉県大会があったりいろいろ忙しかったですね。26日には、下名栗の諏訪神社で獅子舞が奉納されました。

 娘も、ササラスリで出演しました。本番の1日前に利き腕の親指を負傷しましたが、テーピングで固定してがんばりました。8月に入ってから、週に2、3日夜に神社の社務所で練習してきました。

 この獅子舞は、江戸時代後期の1800年ごろから現在の青梅市成木の神社から伝わったそうで、200年余の歴史があるものです。神社の氏子と獅子舞保存会が支えてきました。

 小学校2年生になると、下名栗ではこのササラッコを演じるようにお誘いがかかります。今年で2年目ですが、娘はとても意欲的で楽しみにしてきました。伝統芸能で小さな子どもが演じることもそうですが、保存会の最年長は90歳という大人の方々に交じって一つのものを作り上げることで、学校では得られないよい体験ができたはずです。

 娘は、夏休みの夜に神社で友達が集まって、わいわいとにぎやかに過ごすことが一番楽しかったようです。

 


スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

木工房 春のはな          代表 西尾 正哉 http:/harunohana.net/index

Author:木工房 春のはな          代表 西尾 正哉 http:/harunohana.net/index
埼玉県飯能市の名栗地域で家具職人をしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。