東京都と隣接する名栗村(現在は飯能市)。都会に近いほどほどの田舎に住む家具職人が見て、感じた生活、仕事ぶりを伝えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笛の練習 と ホタル

DSC01882 2
 <笛の練習の様子。最前列中央の親笛の指使いをみながら、全員で息を合わせます>

 獅子舞の笛の練習が始まりました。飯能市下名栗の諏訪神社の獅子舞で、約200年ほど前に現在の東京都青梅市成木から伝わったとされます。埼玉県の無形民俗文化財に指定されています。

 8月22,23日の例大祭に向けて笛の練習が始まりました。笛に参加できるのは、「小学6年生以上の男女」という条件だけです。獅子舞保存会では、後継者養成のために下名栗住民に参加を呼びかけます。昨年は、小学6年生の男の子が何人か初めて参加。今年も練習初めには顔を出しました。子供達のほかにも昨年は、子育て真っ最中のお母さんたちも6人参加しました。ことしもやる気まんまんです。

 年々、対象の子どもが減ってきて今年は苦戦しそう。でも、名栗地区は都内などから移住してくる人たちも多く、そういう人たちが地元のお祭りにも関心があるので、入ってきてくれることでしょう。

 我が家は、練習には家族5人ででかけました。父・母・長女は笛を、長男(小4)とあおちゃん(5歳)は、練習会場でほかの子供達と遊んでいました。

 夜8時過ぎ、練習からの帰り道、我が家の裏を流れる名栗川ではホタルが乱舞。気のせいか、今年のホタルは光が大きく、昨年よりもたくさん飛んでいるように感じました。
スポンサーサイト
プロフィール

木工房 春のはな          代表 西尾 正哉 http:/harunohana.net/index

Author:木工房 春のはな          代表 西尾 正哉 http:/harunohana.net/index
埼玉県飯能市の名栗地域で家具職人をしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。