東京都と隣接する名栗村(現在は飯能市)。都会に近いほどほどの田舎に住む家具職人が見て、感じた生活、仕事ぶりを伝えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のはな


<浅海戸の景色  いろんな花が咲いています>

 私が代表を務める(といっても一人でやってます)木工房春のはなの名前の由来は、子ども達の名前から頂いたものです。とくに、深い意味はなかったのですが、春のはなが咲き乱れるこの季節を迎えるといい名前だなと自画自賛しています。

 いま、名栗の里は、モモやさくらなど百花繚乱です。飯能から名栗までを車や自転車で来ると、気持ちのいい季節になりました。

 ことしの桜は、ゆっくり楽しむチャンスはなかったけれど、4月、5月いろいろな花を楽しみたいですね。いわゆる公園などの花見で見る桜は、だいたいがソメイヨシノだそうで、自然に生えてる山桜や八重桜も散歩でもしながら味わいたい。

 うちの子供たちの名前は、長女がはな、長男が春、そして3人目の一番やんちゃ小僧が青葉です。こどもたちの季節になりました。

DSC00191.jpg

 7日に飯能市のさくら祭りを楽しんだ後、隣でやっていた植木祭りでモモとキンカンを買って、裏庭に植えました。裏庭は、まだまだ壁土とか原木を挽いた物の桟積みがあって整備されていませんが、すこしづつでもすすめたいところです。
DSC00196.jpg

スポンサーサイト
プロフィール

木工房 春のはな          代表 西尾 正哉 http:/harunohana.net/index

Author:木工房 春のはな          代表 西尾 正哉 http:/harunohana.net/index
埼玉県飯能市の名栗地域で家具職人をしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。