東京都と隣接する名栗村(現在は飯能市)。都会に近いほどほどの田舎に住む家具職人が見て、感じた生活、仕事ぶりを伝えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笛の練習 と ホタル

DSC01882 2
 <笛の練習の様子。最前列中央の親笛の指使いをみながら、全員で息を合わせます>

 獅子舞の笛の練習が始まりました。飯能市下名栗の諏訪神社の獅子舞で、約200年ほど前に現在の東京都青梅市成木から伝わったとされます。埼玉県の無形民俗文化財に指定されています。

 8月22,23日の例大祭に向けて笛の練習が始まりました。笛に参加できるのは、「小学6年生以上の男女」という条件だけです。獅子舞保存会では、後継者養成のために下名栗住民に参加を呼びかけます。昨年は、小学6年生の男の子が何人か初めて参加。今年も練習初めには顔を出しました。子供達のほかにも昨年は、子育て真っ最中のお母さんたちも6人参加しました。ことしもやる気まんまんです。

 年々、対象の子どもが減ってきて今年は苦戦しそう。でも、名栗地区は都内などから移住してくる人たちも多く、そういう人たちが地元のお祭りにも関心があるので、入ってきてくれることでしょう。

 我が家は、練習には家族5人ででかけました。父・母・長女は笛を、長男(小4)とあおちゃん(5歳)は、練習会場でほかの子供達と遊んでいました。

 夜8時過ぎ、練習からの帰り道、我が家の裏を流れる名栗川ではホタルが乱舞。気のせいか、今年のホタルは光が大きく、昨年よりもたくさん飛んでいるように感じました。
スポンサーサイト

日和田山から物見山へ

 3連休のうち最初の2日は仕事ばっかりしていましたが、ようやく最後の休みに家族とでかけました。きょうは、敬老の日であるとともに私の誕生日。仕事をしているわけにはいきません。

 日高市の日和田山から物見山に登って来ました。

 田舎人は車ばっかり乗って歩くことがほとんどありません。都内から名栗に引っ越してきて、歩くことはおろか自転車にのることもほとんどなくなってしまいました。都内にいたころ、子どもたちを前後に乗せてママチャリで保育園に毎朝、送り、毎夕、迎えに行っていました。ところが、名栗では車でそれをおこなうため、引越しの際にもってきたママチャリはまったく出番がなく、1年もすると粗大ゴミとして処分してしまいました。

 カミサンも、車通勤のため同じようなものです。それで、機会をつくってせっせと山歩きをしようと心がけています。もちろん、そんなにうまくいくわけはありませんが。

 日和田山。ここは標高300メートルほどで超入門者向けのやまで3歳くらいのこどもでも頑張ればのぼれます【親が大変ですが)。きょうも、子連れの家族登山者が目立ちました。ほかには年配のグループ。若い人は少なかったかな。

 登り始めて10分ほどで、男坂と女坂の分岐点に到着。ここで、男坂か女坂に行くかでひと悶着。今回は全員、男坂にチャレンジすることになりました。

巾着田
                         <金比羅神社からの巾着田の眺め>

 日和田山の頂上近くの金比羅神社からは巾着田を一望できるよい眺めが楽しめました。頂上を回避して高指山を経て物見山頂上に。金比羅神社からはアオちゃんの脚でも30~40分ほどでしょうか。頂上でお昼を食べて帰ってきました。アオちゃんは体力もついて先頭をきって歩いてくれました。もう、おんぶして登ることはなくなったので、山に登るのもだいぶ楽になりました。

DSC00877.jpg


子ども達は、帰ってから、家の近くで自転車にのって遊んでいます。元気だな。

 

我家の年賀状



 早いもので、あっという間に1月が終わって、2月も3日目です。

 みなさまお変わりありませんか?

 年始の挨拶もできずにすみません。いまのところ仕事が忙しく、毎日バタバタ生活しています。家具屋は相対的には1月から3月末までがとても忙しい職業です。

 さて、今年の我家の年賀状は昨年に続いて、『家族新聞』スタイルでお届けしました。

 この新聞スタイルの年賀状(A4裏表)、おもに制作したカミさんの感想では、制作に手間と時間がかかり、その上、印刷だの封筒だのでお金もかかるので大変だといいます。

 でも、このスタイルのよいところは、情報量が豊富な点です。ハガキ一枚では、子供たちの写真を載せて“今年もよろしく”程度の文面ですが、新聞スタイルだと、長男が小学校に入学して学校がアットホームだとか、夏には海に出かけてアオちゃんがふぐをつかまえたとか、昨年一年の出来事を細かく伝えられ、そして、今年の決意も十分に展開できます。

 そして、何より読んでもらった人からの反応や感想も伝えられ、「西尾さんちはこんなことしてたのね」とか「うちもこうだったのよ」など話が弾むことがいいですね。

 ちなみに、私の決意は、「健康づくりを兼ねて月に一度は山登りをする」でした。1月には、寄居の鐘つき堂山に登って来ました。

 年賀状には載せなかった、もう一つの決意は子供たちとおおいに遊ぶことです。いっしょに本を読んだり、外でからだを動かしたり、虫取りをしたり一緒の時間を過ごしたいですね。



秋の一日 ストーブの薪上げ



 空気が澄んで気持ちのいい秋の一日、こどもたちに手伝ってもらってストーブ用の薪を2階まで上げました。

 11月に入って、朝晩冷え込んできたので我家も薪ストーブにご活躍願うことになりました。我家は、キッチン、居間などが2階にあり薪ストーブも2階に設置されています。そのため、薪はベランダに一時的においておくことになります。

 父が、2階からロープの付いたバケツを降ろし、こどもたちがワッセワッセと詰め込んでくれます。それを引き上げてベランダに下ろし、またバケツを降ろすということを繰り返します。

 こどもたちの冬のお手伝いはこれです。こどもたちにも生活の中でなにか役割を持ってもらうことはいいことですね。労働で参加する。これ重要です。

DSC_0016.jpg



 ベランダは、家具作りでできた端材や材木やさんでもらった木などでいっぱいになりました。このくらいの量でも1ヶ月はもちません。

DSC_0034.jpg



 夜は、お母さん床屋でこどもたちの髪を刈りました。パナソニックのスキカルという電気バリカンを買ったのですが、切った髪の毛を吸い込んでくれるのでとても切りやすいし、後始末が楽だとかみさんが言ってました。8千円ほどの出費ですが、アオちゃんが小学校卒業するくらいまで使えれば十分、元がとれそうですね。


DSC_00362.jpg

夏休み




 ことしの夏は暑いですね。我が家はお盆前に早々に夏休みをとり、私の実家大阪へ行きました。大阪も暑かった!!。

 名栗ではエアコンなしの生活をどうにか続けてきましたが、大阪ではそうはいきません。寝るときにはエアコンなしではきつい。普段、エアコンに慣れていないせいか、みんな体調を崩してしまいました。名栗は昼間は暑いけど、夜になると窓を開けると涼しい風が入ってきます。寝るときも、窓を開けたままだとカゼをひいてしまうくらいです。自然の涼しさってやっぱりいいですね。これだけで名栗にいる価値はあります。

 大阪のばあちゃんちから福井県に海水浴に、そして、京都・大原に足を伸ばしてきました。

 大原は、NHKテレビの「猫のしっぽ カエルの手 京都大原 ベニシアの手作り暮らし」の舞台です。我が家では、この番組が大好きで家族そろってみていました。そして、“いつか大原に行ってみたいね”と話していました。

 大原にいってみての感想は、やっぱり素朴な田舎というところでしょうか。大原自体は、京都市左京区のうちの一つの地名であり、それほど広い土地ではありません。限られた盆地に畑やたんぼが広がっているのどかなところでした。ベニシアさんの番組で観光地化されているのかなと思っていましたが、ぜんぜんそんなことはありませんでした。

 8月の暑い盛りということで人影もまばらで、三千院門前を除いて観光客らしき人も私たち以外はいなかったかもしれません。

 大原では、藍染に挑戦しました。京都草木染工房に三千院の駐車場からいきなり電話して、いまからでも大丈夫ですかと押しかけたのですが、対応してくださった北尾さんご夫妻はとっても親切に教えてくださいました。

 この工房では、藍染のほかにも柿渋染め、ばら染め、もみじ染めなどいろいろ体験させてくれます。

 我が家は子ども達が藍染に挑戦しました。DSC_0105.jpg


 綿のハンカチに輪ゴムを巻きつけ、藍が染まらない部分をつくります。

DSC_01232.jpg


 ゴム手袋をつけて、沸騰している藍染の染料にハンカチをつけて、2,3分沈めておきます。引き上げて水で洗って、輪ゴムをとくと、きれいに藍色に染め上がっています。DSC_01512.jpg

 アイロンをかけてできあがり!!

DSC_01592.jpg

 アオちゃんのような小さな子どもでもできます。手作りのハンカチ、小学生のこどもたちもおおよろこびです。藍の種を分けてもらったので、名栗のうちでも育てて、来年は藍の生葉染めに挑戦したいと思っています。

 大原では、赤紫蘇が畑にたくさん栽培されていました。お土産にしば漬けを買って家路に着きました。
 








プロフィール

木工房 春のはな          代表 西尾 正哉 http:/harunohana.net/index

Author:木工房 春のはな          代表 西尾 正哉 http:/harunohana.net/index
埼玉県飯能市の名栗地域で家具職人をしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。