東京都と隣接する名栗村(現在は飯能市)。都会に近いほどほどの田舎に住む家具職人が見て、感じた生活、仕事ぶりを伝えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やまね食堂 開店


開店初日のやまね食堂。カウンター内に松原さん(白いシャツ)とその後ろに森沢さん=21日、飯能市上名栗

 森沢さんや松原さんが、準備してきた地域カフェ“やまね食堂”がいよいよオープンしました。

 初日(21日)のお昼過ぎ、娘(12)とともにさっそくお邪魔してきました。結構たくさんの人たちでにぎわっており、うどんセットなどを楽しんでいる人たちが多かった。

 僕と娘はそれぞれアイスコーヒーを注文し、シフォンケーキを分け合って食べた。コーヒーは、松原さんのこだわりの抽出でコクがあっておいしかったな。ケーキもふわふわで甘すぎず満足な味わいでした。

 やまね食堂は、利潤追求の商売ではなく、名栗地域の小さなコミュニティを基盤にした活動の拠点を目指して建設されました。
 空き家になっていた古民家(一部改修済み)をみつけ、カフェ建設をはじめるといろんな人たちが自分のできること(時間、モノ)を持ち寄って手助けしてくれたそうです。
 松原さんは「人が来る度に少しづつ、やまね食堂が形を変えていき、関わる僕たちの気持ちが変わっていく。空き家だった民家がカフェの形を現してくると、訪れる人も作業する僕たちもワクワクしてくる」と、開店までの準備期間も地域の人たちと作り上げるプロセスを楽しんだようです。

 地域の人たちと作り上げてきたこのやまね食堂。もちろん常連さんだけの閉鎖的な店ではなく、自分の住んでいる地域を大事にし、よくしていこうと思っている人たちとの交流の場になっていくに違いないと思う。松原さん自身が「ちいさな子どもからお年寄りまでが交流し、街の人も交流するという希望」を抱いていています。

 地域をよくしていこうという輪がいろんなところにでき、その輪が、時には重なって大きな輪になり、時には鎖のように強いつながりができ、大きな社会がよりよくなればすばらしいですね。


DSC02317.jpg
手作りで改修した店内。みんなが自分でできること、モノを持ち寄った。

 DSC02318.jpg

 現在のメニュー。これからは活動の幅を広げ、エコストーブを組み込んだ石窯で、この場所で育てた天然酵母のパンを焼いたり、食堂横の畑で野菜を作っていきたいとカフェを運営する人たちは意気込んでいます。

 やまね食堂 飯能市上名栗520
 ホームページ http://yamanesyokudo.jimdo.com/
スポンサーサイト

笛の練習 と ホタル

DSC01882 2
 <笛の練習の様子。最前列中央の親笛の指使いをみながら、全員で息を合わせます>

 獅子舞の笛の練習が始まりました。飯能市下名栗の諏訪神社の獅子舞で、約200年ほど前に現在の東京都青梅市成木から伝わったとされます。埼玉県の無形民俗文化財に指定されています。

 8月22,23日の例大祭に向けて笛の練習が始まりました。笛に参加できるのは、「小学6年生以上の男女」という条件だけです。獅子舞保存会では、後継者養成のために下名栗住民に参加を呼びかけます。昨年は、小学6年生の男の子が何人か初めて参加。今年も練習初めには顔を出しました。子供達のほかにも昨年は、子育て真っ最中のお母さんたちも6人参加しました。ことしもやる気まんまんです。

 年々、対象の子どもが減ってきて今年は苦戦しそう。でも、名栗地区は都内などから移住してくる人たちも多く、そういう人たちが地元のお祭りにも関心があるので、入ってきてくれることでしょう。

 我が家は、練習には家族5人ででかけました。父・母・長女は笛を、長男(小4)とあおちゃん(5歳)は、練習会場でほかの子供達と遊んでいました。

 夜8時過ぎ、練習からの帰り道、我が家の裏を流れる名栗川ではホタルが乱舞。気のせいか、今年のホタルは光が大きく、昨年よりもたくさん飛んでいるように感じました。

新工房の設計進む



 現在、借りている工房が手狭になったので、新しく工房を建てることにしました。といっても、思い付きではなく、長年の夢だったのです。

 でも、いつという具体的な目標の日程があったわけではなく、あおちゃんが5歳になり、そろそろ手がかからなくなってきたこともあり、なんとなく「機は熟した」ということで決断しました。

 場所は、飯能市下名栗の河又地区。さわらびの湯の近くです。家から歩いて5分ほど。上の写真の真ん中あたりに見えるのは「ヤマセミ」の建物です。

 とても眺めの良いところで、日当たりもよくなかなか良い土地だと思います。

DSC01780.jpg

 現在、設計士の浅野正敏さんにお願いをして基本設計を進めているところです。工房と家具を展示し販売もできる店舗(カフェもあり)を設けられればよいのですが、先立つものが…。

 というわけで、先に工房を建てて、それから店舗も立てるということになりそうです。

消しゴムはんこ ワークショップ




 10月のとある日曜日、「名栗ふるさと祭り」に、我が家の子どもたちとカミサンが消しゴムはんこのワークショップを出店しました。今回は、すでに彫ってある消しゴムはんこをつかって、用意した布にペタペタ押してもらってハンカチや手ぬぐいをつくるというもの。

 たくさんの親子に参加してもらってとても楽しかったです。うちの子どもたち(小5と小3)が彫ったものなので、そんなに上手ではないけれども、はんこにして無地の布に押していくととても印象的な図柄になります。きれいでオリジナルなハンカチやら手ぬぐいに簡単になるのでおもしろいです。

DSC00995.jpg


DSC00981.jpg


 この時のワークショップに来てくれたウクレレ喫茶のヤナギさんから、声がかかり、12月20日(土)の助産師さんの講演会の歳にまた、ワークショップを行うことになりました。

 ウクレレ喫茶のヤナギさんというのは、飯能市赤沢にあり、喫茶店内でウクレレを弾いたり、コンサートを開いたりしている喫茶店です。数年前に若いご夫婦が、引っ越して来られて開店したのですが、もう地元にすっかり馴染んで、名栗からも常連さんがたくさんいます。

 うちのこどもたちもウクレレをヤナギさんに教えてもらって、昨年の従姉妹の結婚式でその腕前を披露したくらいです。今年7月に娘さんをご出産されました。そのときに取り上げられた助産師さんの椎野まりこさんが、「生き物であることを思い出す」と題してお話をされるそうです。消しゴムはんこのワークショップは、そのときに子どもたちのお相手をするために出店するものです。

 椎野さんは、東京都立川市で「まんまる助産院」を開業しておられ、「野生で産み、育てる。自分の感覚を信頼する」ことをモットーにしているそうです。

 ところで、お産といえば我が家の子どもたち(長男、次男)も、助産師さんに自宅で取り上げてもらいました。カミサンがいうには、自宅の方がリラックスしてよいということで、家族みんなが見守るなかの出産でした。

 そういうわけで、うちの子は赤ちゃんがどこから生まれてくるかよく知っています。

2010_0430aoba0172.jpg

 <出産中の母親を励ますこどもたち=2010年4月13日>

獅子舞 2014



<獅子舞の「願ささら」=2014年9月28日、上名栗 星の宮神社>

 飯能市上名栗の星の宮神社の獅子舞が9月28日、おこなわれました。

 下名栗の我が家からは、すぐ近所なのですが、下名栗諏訪神社の獅子舞とはずいぶんと違っているのに驚きました。星の宮神社の方は、笛も軽快で獅子の舞いも軽やかに感じます。

 神社の近くにすむ平沼さんによると、「上名栗と下名栗は歴史的に文化が違う」といいます。下名栗は東京都・青梅と結びつきが強く、上名栗は秩父と交流があったそうです。「僕が子どものころは、下名栗、中央、上名栗と小学校が3つあり、中央の小学校に通う僕は、下名栗の地域に行くこともちょっと躊躇してたな。違う地域にいくのが怖かったんだよ」とおっしゃっていました。

 獅子舞も伝わってきたもとのところが違うようです。それにしても、2千人ほどの人口でそれほど大きくない地域でも文化的に違うのも興味深いですね。

 写真は「願ささら」という舞です。神社の隆盛と氏子の繁栄を祈願しながら、社殿の周りを踊りながら廻ります。獅子舞の舞を一通り修めたベテランの役者が舞うものです。

 ササラや笛で参加する子どもたちや見物の人も多く見守っていました。この獅子舞も保存会があって、次の世代に引き継ぐことに熱心なようです。

DSC00840.jpg
    <若者にまじって笛を吹くオジサン=8月24日、下名栗諏訪神社>

 さて、我が家の今年の獅子舞。

 カミさんと息子(小3)が、獅子舞デビューしたのが大きいですね。カミさんは笛、息子はささらで。

DSC00775.jpg
 <着付けしてもらう息子=8月24日、諏訪神社社務所>

 下名栗でも子どもの減少は顕著です。これまでは、小2から中学生くらいまでの女子が担っていたささらも、今年からは女子がいない場合は男子でも良いことに変わりました。そこで、我が家の息子ともう1人、小6の男の子がささらでデビューしました。息子はやってみて楽しかったようで来年もやる気満々です。傍で観ていて、ささらを演じることよりも、稽古などで同じ世代の子供たちと過ごす時間が楽しいようです。

DSC007572.jpg
 <今年、笛方に加わった女性たち6人衆=8月24日、下名栗諏訪神社>

 カミさんは、子育てに忙しい、同世代の女性たち五人とともに笛方に加わりました。小さいときからササラを経験して、娘もササラをする地元育ちの女性や、ウチと同じで都内から引っ越してきて地域の行事に参加したいという女性などが集まりました。

 諏訪神社の獅子舞の良いところの一つは、下名栗に住む人なら誰でもに開かれていること。お祭りを通じて、地域のいろんな人と知り合いになれることもうれしいです。

 また、各地の伝統芸能で後継者がいないことが問題となることが多いのですが、下名栗の獅子舞の特長は、一般的に組織することの難しい“女性”と“青年”が参加していることでしょう。

 勇壮に舞う獅子には18歳以上の青年たち、笛は小6以上の男・女、ササラは小2以上の子どもたちと条件はありますが、それぞれの世代が参加しています。高齢の年長者も稽古ではアドバイスしたり、お祭り当日は裏方で準備してくださったりと、子どもたちにとってお祭りは、いろんな世代の大人や兄、姉たちとともに一つのことに力を合わせ成し遂げることを感じられる日です。
 
 10月12日、横浜で、第39回中区民祭り「ハローよこはま2014」が開かれます。ここで、下名栗諏訪神社の獅子舞を披露することになっています。いま、夜な夜な神社の境内で練習中です。演目は「白羽」で、娘はササラの控えとして、私は笛方で参加します。
 
 

日和田山から物見山へ

 3連休のうち最初の2日は仕事ばっかりしていましたが、ようやく最後の休みに家族とでかけました。きょうは、敬老の日であるとともに私の誕生日。仕事をしているわけにはいきません。

 日高市の日和田山から物見山に登って来ました。

 田舎人は車ばっかり乗って歩くことがほとんどありません。都内から名栗に引っ越してきて、歩くことはおろか自転車にのることもほとんどなくなってしまいました。都内にいたころ、子どもたちを前後に乗せてママチャリで保育園に毎朝、送り、毎夕、迎えに行っていました。ところが、名栗では車でそれをおこなうため、引越しの際にもってきたママチャリはまったく出番がなく、1年もすると粗大ゴミとして処分してしまいました。

 カミサンも、車通勤のため同じようなものです。それで、機会をつくってせっせと山歩きをしようと心がけています。もちろん、そんなにうまくいくわけはありませんが。

 日和田山。ここは標高300メートルほどで超入門者向けのやまで3歳くらいのこどもでも頑張ればのぼれます【親が大変ですが)。きょうも、子連れの家族登山者が目立ちました。ほかには年配のグループ。若い人は少なかったかな。

 登り始めて10分ほどで、男坂と女坂の分岐点に到着。ここで、男坂か女坂に行くかでひと悶着。今回は全員、男坂にチャレンジすることになりました。

巾着田
                         <金比羅神社からの巾着田の眺め>

 日和田山の頂上近くの金比羅神社からは巾着田を一望できるよい眺めが楽しめました。頂上を回避して高指山を経て物見山頂上に。金比羅神社からはアオちゃんの脚でも30~40分ほどでしょうか。頂上でお昼を食べて帰ってきました。アオちゃんは体力もついて先頭をきって歩いてくれました。もう、おんぶして登ることはなくなったので、山に登るのもだいぶ楽になりました。

DSC00877.jpg


子ども達は、帰ってから、家の近くで自転車にのって遊んでいます。元気だな。

 

イスづくり

DSC095322.jpg

 シュタイナー教育で学ぶ友人の息子R君が、昨秋からわが木工房に来てイスを作っています。

 シュタイナー教育では、木工とか手仕事のカリキュラムがあって、生徒は自分でテーマを決めてプロジェクトを遂行するらしいのです。

 R君(14)は、そこでイス作りのプロジェクトに挑戦しています。デザインは、デンマークの著名なデザイナー、ボーエ・モーエンセンのJ39というイスです。脚と貫は、旋盤で削りだした丸い棒でつくり、座面はペーパーコードで編み上げるもの。

 何事も最初はマネから始まるのです。R君、旋盤で削るのは初めてというけど、結構、上手にこなしています。

 私は、原寸図を描くようにアドバイスしたり、大型木工機械での作業など手助けしています。

 ほぼ毎週末に電車とバスを乗り継いでやってきますが、先週末には旋盤の作業が終わり、差し込む穴を開けてところです。来週は仮組み、組み立てとなり、背板の曲げ木へと進みます。





 刃物を使って、手で面を取るなど、手作業もあります。

 平沼さんちの古民家




 伊豆が岳で紅葉を堪能した帰りに平沼さんの古民家にお邪魔しました。ご主人に「一度、見に来てください」とお声をかけていただいたので早速、出かけた次第です。

 平沼さんにはこの古民家のヨコの果樹園の木をストーブの薪としていただいたりしていたのですが、古民家の中には入ったことがなかったのです。

 まず、驚いたのは、そのお庭。日本の古都、京都や奈良などに子供の頃からよく行く機会があったのですが、岩松の生い茂った庭は初めてです。もちろん、英国のコッツウォルズ地方のガーデンにもみられません(当たり前)。

 タケは、30センチもないのですが、珍しい岩松がお庭にきれいに整列して植えられいます。ご主人の子供の頃は、もっと低かったらしいのですが、おそらくお庭で遊びにくかったのではと思いつつも、感嘆しました。とてもオリジナルな庭の景色です。

 明治20年代から30年代に建てられたこの古民家。ふすま紙も金唐革紙を使用していたり、当時としては珍しかったであろう小紋模様のガラスがはいっていたり、天井の造りも部屋ごとの異なっているなど、山村の中の民家としてはずいしょに贅をつくしたつくりです。

 もともとは、平沼家は、寛一郎氏(故人)が昭和30年代から40年代に三期も村長を務めるなど名家。この古民家は林業が盛んで、花形産業の一つだった頃の、「古きよき名栗」の名残をあらわしているのかもしれません。DSC09324.jpg


 <樹齢60年とされる岩松です。>DSC09333.jpg


 古民家は、喫茶 軽食のお店としてご夫妻は、営業されていますが、常時、オープンしているわけではありません。事前に連絡すれば、お庭も見せていただけると思います。

 ちなみにこの古民家、この10月に、「落ち着いた色調の手入れの行き届いた外観が、背景となる山々の景色と調和し山里の景観の一部となっている」などとして、埼玉県の景観重要建造物に指定されました。
 

紅葉狩り 伊豆が岳




 東京の都心は紅葉もいまが盛りごろでしょうか?

 名栗は、1週間くらい前が一番きれいだったかな。鳥居観音の例年の紅葉祭りは11月10日でしたが、もみじが例年より、すこしくすんでいたような気がしました。鳥居観音の平沼さんによると「今年は夏があつすぎたのかな」ということでした。

 さて、大阪からおばあちゃん(私の実母)が11月中旬、名栗に紅葉をみに来てくれました。「紅葉狩り」、素敵な言葉ですね。名栗周辺は、この季節、どこにいっても楽しめます。山好きのおばあちゃんは、来る前は百名山の一つである「筑波山」に行きたいといっていましたが、名栗に来て、「この近くで十分たのしめる」となりました。

 16日は、鳥居観音へ歩いてのぼり、翌日は、名栗元気プラザから伊豆が岳までハイキングを楽しみました。伊豆が岳頂上でお昼ご飯を食べ、山伏峠に行く途中、すばらしい紅葉の鮮やかないろを楽しめました。天然のカエデでした。太陽の光りを受けて輝いていました。


DSC093012.jpg

 アオちゃんは、ダッコもおんぶもなく、歩いて登ることができました。下りは、ヒヤヒヤだったけど、一年でだいぶ成長しました。これからは、おんぶ用のキャリアなしで山登りが楽しめそうです。

ただいま土壁塗っています。


 <左官の島田さん=飯能市永田在が、ハンドミキサーで土をどろどろにしています>

 4年前に建てた我家は土壁。夏は涼しく、冬は薪ストーブの出す熱を蓄えてくれて快適な生活。柱、床板、梁もみんな地元のスギ、ヒノキで化学物質とは無縁な生活です。

 家族、友人で壁をぬりました。大工さんの建前が終わって、すぐに竹で小舞を掻き始め、当時子供たちの通っていた保育園の同級生の父母や先生、大学時代の友人やらに手伝ってもらって荒壁をつけました。その後、貫伏せと大直しをして住み始めました。

 壁は、ごつごつとした荒ら荒らしい表情のままだったのですが、いよいよ壁の仕上げを決意しました。とりあえず、今年は1階だけ。1階は、家具工房のショールームとして活用するつもりです。

 自分で中塗りをしてから、本職の左官屋さんに頼んで漆喰で仕上げるつもりでした。しかし、仕上げの漆喰の厚みは2~3ミリに過ぎず、素人が中塗りしたあとに職人さんにお任せするのはやはり無理と判断して、中塗りも本職に頼むことにしました。

 私は、土を練ったり、養生したりなど手助け程度のかかわりです。

 4年前に塗った壁土(荒木田)の余りは裏庭にブルーシートを被せてドーンと放置されていたのですが、中塗り用の土は、仕上がりに近いために荒壁用に入れたワラや土の塊を取り除きます。そのため、土に水を加えてどろどろにしたものをふるいにかけます。そして、細かいワラスサと川砂を混ぜて土を作ります。

DSC00908.jpg

4年前に塗った壁は、乾燥などでいまでは柱や梁との際で結構隙間ができており、まずはチリ際を砂漆喰で埋めることからはじめました。仕上げでは、チリ際をきれいにすることに神経を使います。そして、中塗り。中塗り後は、水引き(乾燥)を見ながら漆喰を塗っていきます。

DSC00909.jpg

 そして、漆喰。

 漆喰はいいですね。我家が高級住宅の風情です。完成するのが楽しみです。

DSC00915.jpg
プロフィール

木工房 春のはな          代表 西尾 正哉 http:/harunohana.net/index

Author:木工房 春のはな          代表 西尾 正哉 http:/harunohana.net/index
埼玉県飯能市の名栗地域で家具職人をしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。